日本の伝統行事である節分の作法を学ぼう!

  1. ホーム
  2. カーネーションと色別意味

カーネーションと色別意味

男の子

カーネーションを贈る由来

母の日の由来は、1949年にアメリカの南北戦争中、敵味方関係なく負傷した兵士の怪我を手当した女性が亡くなった5月の第二日曜日に、母親思いの娘がカーネーションを母親に贈ったことから始まっています。日本では亡くなった人に菊の花を贈る風習がありますが、アメリカでは故人の好きだった花を贈る風習が今も受け継がれています。母親思いの娘の提案から始めの頃は、母の日に贈るカーネーションの色は、亡くなった人には白色、存命している人には赤色のカーネーションとに分かれていましたが、1960年に赤色のカーネーションに統一されています。これは赤色と白色のカーネーションの違いの意味を知る子供達の気持ちを配慮したことから始まっています。

種類より気持ちが大切

由来から母の日はカーネーションを贈ることから始まったこの日も現在では感謝の気持ちがこもっていれば贈り物にするプレゼントは何でもよくなってきています。母親が好きなものや、食事に誘うなど様々な形で言葉ではなかなか伝えられない日々の感謝の気持ちを贈ります。またプレゼントとは別に、どうしてもカーネーションも贈りたい場合、色別の意味や花言葉もあります。例えば赤色の場合には、「母への愛(愛を信じる)熱烈な愛」や、青色の場合は、「永遠の幸福」、黄色は、「けいべつ(嫉妬)、愛情の揺らぎ」など様々です。白色は亡き母を偲ぶ思いがこめられていますので、母の日に、白色や黄色のカーネーションを存命の母親に贈ると気分を害す可能性がありますので、注意する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加